ishinerデンタル 歯科用品・技工材料・機械通販サイトです

メール:jp.ishinerdental@gmail.com 電話番号:86-023-62535604
歯科用ハンドピースのメンテナンス

 

 

 現代の高速ハンドピースは、エアーによって駆動されバーを高速回転させて歯を削ります。定格空気圧下でハンドピースの回転速度及び精度は、医師の診断及び治療効果に直接影響する。定格空気圧でハンドピースの回転速度が高いほど、ブッシングの同心性がより良く、ドリルされた領域がより正確、患者様の痛みがより低くなる。従って、定格空気圧でハンドピースの回転速度が正常であるか否かが特に重要である。

ハンドピースの空圧は正常であり、新しいバーを置き換えても歯が削げないことがよくあった。こういう場合、しばしばハンドピースの速度が定格値に達しないことを示し、空気圧を高く調整して解決できますが、実際、ハンドピースの潜在的な故障があることを示しています。空気圧が高ければ高いほど、ハンドピースの損傷速度はますます激しくなり、最終的には高い空気圧にも関わらず理想的な切断効果を得られません。だからハンドピースのベアリングを交換しなければいけないですね。

ハンドピースの損傷は主に内部ベアリングの損傷であることがわかっています。歯科部門使用される歯科用ドリルでは、「疲労寿命」と「潤滑寿命」はベアリングの寿命に影響を与える最も顕著な要因である。日常の使用中に以下の4点をご注意してください。

一 高速ハンドピース2本で交替して使用する
ハンドピースの使用中、ベアリングは高速で回転しているので、この時ボールベアリングは軸受の内外輪に連続的に力を加え、長時間にするとベアリングは「機械的疲労」が発生し、ベアリングの寿命に直接影響します。
標準な診療ユニットは、2本の高速ハンドピースを装備しています。ハンドピースを一定期間使用(10分が適切)した後、もう1本に交換して使用したほうがいいと思う。つまり2本で交替して使用すれば、ベアリングが「疲労」による故障は大幅に軽減することができ、ハンドピースの寿命を大幅に伸ばせる。

二 ベアリングのクリーニングと潤滑は非常に重要
クリーニングは異物がベアリングに入ることを防ぎ、洗剤や潤滑油を利用してハンドピース内部の水や異物を置き換える作業です。潤滑はボールと軸受の内外輪との摩擦を低減することで、歯科用ハンドピースを高速で回転させることができる。
  潤滑剤は液体であり、高速回転すると多くの損失が発生し、ベアリングは「ドライ」状態になる。ベアリングを潤滑状態になるため使える前に注油しておく。

 三 ブランドやハンドピースのモデルに応じて適切な気圧を選択します。

四 3ヶ月くらい使用した後プロのメンテナンスを実行してください。


 

 


より多くの歯科用品をお探しならjp.ishinerdental.com