ishinerデンタル 歯科用品・技工材料・機械通販サイトです

メール:jp.ishinerdental@gmail.com 電話番号:86-023-62535604
歯のセルフホワイトニングの導入に関する知識!開業に必要な機器と備品をご紹介する!

 

 

近年、歯のホワイトニングのニーズが高くなっておりますので、ホワイトニング事業も注目されています。とくに、現在のセルフホワイトニング専門サロンや美容院・エステサロンなどに追加メニューとしてセルフホワイトニングを導入するところが増えてきました。

 

今回は、セルフホワイトニングの導入を検討されている方にその関連知識、必要となる機器・備品などについてご解説します。

 

1、セルフホワイトニングとは何でしょうか?

 

以前、歯科医院やクリニックで行うホワイトニングは、歯医者や歯科衛生士がホワイトニング薬剤を塗り、照射します。

 

でも、セルフホワイトニングはお客様自身が全ての施術を行います。ホワイトニングする時、歯医者さんはそばにいないので、リラックスできるかもしれません。一方、歯医者さんの負担も減少になってきます。

 

2、歯科医院でのホワイトニングとセルフホワイトニングの違いは?

 

歯科医院でのホワイトニングは、主に「過酸化水素」や「過酸化尿素」が主成分の薬剤を用いて歯を漂白します。

ホワイトニング薬剤と照射機器は医薬品と医療機器に分類されるため、医療機関でしか扱うことができません。薬事法で規制されているため、美容院やサロンに設置や使用することができません。

 

でも、セルフホワイトニングで使用する溶液には通常酸化チタンが含まれています。

ホワイトニング効果のある市販の歯磨き粉にも配合されている成分で、全ての施術もお客様自身で行うから、歯科医師または歯科衛生士免許をもたないものも扱うことができ、違法ではありません。

 

3、セルフホワイトニングの原理は?

 

セルフホワイトニングで使用する酸化チタンの薬剤は、光触媒という性質を持ち、光を照射することにより酸化反応を促進して歯を白くするのがセルフホワイトニングの原理です。

 

だたし過酸化水素ではないので漂白作用はありません、自然に歯の汚れが取れてすごくきれいになっているので、白くなるレベルには一定の差があります。

 

4、セルフホワイトニング導入のメリット

 

●セルフホワイトニングの費用が安くて、定期的に施術を受けやすく、収益アップ

●専用の施術をするスタッフが必要ないため、コストが低い

●食品グレードの薬剤、安全に歯を白く、歯への刺激を与えない

 

5、セルフホワイトニングの流れ

 

・歯磨きをする

・薬剤を歯の表面に塗る

・LEDライトを照射する

・薬剤を拭き取る

・2-4を何セットか繰り返す

・歯磨きをする(お口をゆすぐ)

 

6、セルフホワイトニングに必要な機器と必要なもの

 

6-1、セフルホワイトニング機器

 

ホワイトニング薬剤中の酸化チタンと酸化反応を動かせるためには、専用のLEDライトの光を照射する必要があります(LEDライトはその機能上分類は医療機器ではなくて、免許がなくても購入・使用は可能です)。

 

ここでは、二つのLEDライトをお勧めします。

 

6-1-1、LEDライト40W照射器

 

・LEDライト数:8pcs

・パワー:40w,5w/pcs

・光:青色光

・波長:460-490nm

・密度:200-300mw/cm2

・サイズ:142cm(H)*125cm(L)*63cm(W)

 

6-1-2、LEDライト60W照射器

 

・LEDライト数:12pcs

・パワー:60w,5w/pcs

・光:青色光

・波長:400-460nm

・密度:300-400mw/cm2

・サイズ:土台:48cm、アーム:90cm、高さ:120cm

・温度調整範囲:30℃-40℃

・センサー機能付き

 

6-2、セルフホワイトニングに必要なもの

 

6-2-1、マウスオープナー

 

ホワイトニングする時、光が歯にきちんとあてるように口を開けたままにするためマウスオープナーを装着します。

衛生面から使い捨てがほうがいいです。

 

6-2-2、歯磨き剤とホワイトニング薬剤

 

ホワイトニングする前に、歯磨きをするときに歯磨き剤が必要です。

また、LEDライトで照射する時には酸化チタンを含んだホワイトニング薬剤を使用します。主な薬剤は重曹やポリリン酸、炭酸カルシウム、メタリン酸が用いられます。

 

6-2-3、シェードガイド(歯の見本)

 

シェードガイドでホワイトニング前後、歯の色を比較することができます。

シェードガイド3D 20色 鏡付き(8,400円)がお勧めです。

 

6-2-4、保護メガネ

 

ホワイトニングするときに目を保護するために器具を装着します。

 

6-2-5、チェア

 

リクライニングできるチェアがあればベストですが、通常のチェアでも可能です。

 

6-2-6、洗面設備

 

お客様が歯を磨きやゆすいするために必要な設備です。簡意の洗面設備も対応可能です。

 

6-2-7、他の消耗品

 

上記のもの以外、下記の消耗品も必要となります。

・歯ブラシ

・紙カップ

・紙エプロン

 

今日は、簡単に解説しました。セルフホワイトニングを導入したい方にお役に立てれば幸いです。これからもIshinerデンタルをご愛顧いただきますようお願いいたします。

 
 
 

 


より多くの歯科用品をお探しならjp.ishinerdental.com